女将のblog

blog.su-zaku.com
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 本日の入荷☆ | main | 本日の入荷☆ >>

1959年ヴィンテージ

先日行った試飲会で見つけました。



1959年の甘口の赤ワイン

Domaine Rose Vila RIVESALTES 1959

食後のお楽しみに贅沢な一杯を月

人間でいうと51歳?

51年前のワインが飲めるなんてラブラブ
価格は楽しんで頂きたいのでほぼ原価で提供予定です。

味は樽香がしっかりありますが、それがまた良い!!!

一応お客様用に1本の御用意です。お早めに。

後は何年後かの楽しみに置いておきますチョキ


downネットより拝借してきましたdown

ルーションが世界に誇る「リヴザルト」は、ダークルビーの色調から南フランスの宝石といわれます。

果汁発酵中にアルコールを添加し発酵を止め、天然糖分を残したままオーク樽で熟成させる製法のリヴザルトは、品質劣化にめっぽう強く安心して長期の熟成が楽しめます。

また、古酒にしては比較的リーズナブルな点も魅力の一つ。



スティルワイン(通常の製法のワイン)のように、ここまで古くなると高額にもかかわらず、「酸化して飲めない」というリスクもなく、生まれ年ワインのプレゼントに安心して使えます。実際、1959年物のスティルワインとなると、美味しく飲めるものは一部の超高級ワインのみで、3〜4万円以下で売られているレベルの物は手を出さない方が賢明です。酸っぱくて飲めないことが本当に多々あります。



リヴザルトはグラン・メゾンなど、一流フレンチ・レストランには必ずオンリストされる高級デザートワイン。並級品で3〜5年オーク樽熟成、高級品ともなれば数十年も寝かされます。このリヴザルトは1959年ヴィンテージと大変な長期熟成物で、複雑で深遠、その味わいは格調高く貴族的です。



豊かで深い香りが特徴で、熱く魅惑的なブーケを伴います。

力強くグラマラスな飲み口で、明確な干しブドウ、香草、いくつものスパイス、ドライアプリコットそしてヴァニラの要素がバランスよく溶け込んでいます。

また余韻は見事に長く、甘味〜酸味〜香草やメントールの抜けるようなフィニッシュがあります。





お酒 | permalink | - | - | - | -